いまや生活の必需品!電子マネーの世界

利用できる場所が増えている電子マネー


コンビニや駅の売店など、電子マネーが利用できるところは着実に増えています。また、鉄道の駅近くのスーパーで、鉄道会社の電子マネーが使えるようになっているところも珍しくありません。そのため、電子マネーのことはよくわからないが、便利であれば使ってみようかと考えている人もいるでしょう。
では、電子マネーとは具体的にどのようなものなのでしょうか。
まず、「マネー」とついていることでわかるように、実体はお金です。ただ、現金のように物理的なものではなく、入出金はすべてデータ上で処理されます。たとえば、1000円分の電子マネーがチャージされているカードで500円の商品を購入した場合、カードのデータが1000から500に書き換わるのです。

電車やバスに乗る人は鉄道会社の電子マネーを利用すると便利


では、なぜ現金の代わりに使う人が増えてきたのかというと、現金にはないメリットが存在するからです。まず、小銭を持たずに済むようになります。次に現金のやりとりがなくなるので、買い物を早く済ますことができます。代金ぴったり払おうと、財布の中にある1円や5円を探すという手間がかかりませんし、安い商品を一万円で買って、たくさんのおつりをもらう必要もないからです。
鉄道会社の電子マネーの場合、切符を買わずに改札を通れるようになるというのは大きなメリットでしょう。路線図を見て、目的の駅へ行くのにいくらかかるのか必死に探す必要もありません。
なので、比較的、細かい買い物をよく行い、電車やバスに乗ることが多い人は電子マネーを使うと便利になる可能性が高いでしょう。

電子マネーの端末には、POSレジに連携している端末と連携していない端末に分けられます。POSレジに連携させた端末の方が導入コストはかかりますが、金額入力でミスが生じないのでおすすめです。