便利!電子マネーを持つメリットとは?

細かいお金を持つ必要なくポイントも貯まって使いやすい


電子マネーは、現金やクレジットカードを使って、お金を電子データに換えて、加盟店の支払いに使う物です。現金の場合は、端末機かコンビニエンスストア等のレジから事前に入金する前払い方式で、クレジットカードの場合は、アプリに登録してその都度足りない分を入金させるか、足りなくなったら自動的に補充する使い方もできます。
コンビニやスーパー、鉄道会社系の加盟店が多いですが、通販の支払いや飲食店や本屋、ドラッグストア等の身近な所でも利用できる店舗が増えてきました。これらの店舗では細々した物を購入したり、ちょっとした飲み物や食べ物を頼むことが多いので、代金に端数の金額が付くこともあるでしょう。お札を崩して小銭で財布が一杯になってしまったり、支払時に端末のリーダーにかざすだけなので、忙しい時でも支払いが手早く済むこともあります。決済額により、所定のポイントが付きますので、次のお買い物以降から支払いに使えます。

電子マネーを1つにまとめたい場合は


電子マネーは様々な種類があり、店舗ごとに違いが見られ、複数用意しなければいけないこともあります。できれば、よく使う店舗の電子マネーに絞れればいいのですが、なかなか難しいでしょう。利用残高の管理やポイントの把握が面倒に感じられるのであれば、クレジットカードと紐付いた後払い式の電子マネーを利用するのも良い方法です。使った分だけ後から支払うので、無駄がありませんし、ポイントはクレジットカードの方に付きますので、1つにまとめることが可能でしょう。前払い方式の物と同じく、カードタイプとアプリのタイプがあります。
ただ、対応しているクレジットカードには限りがありますので、新たにクレジットカードを取得しなければいけない場合があります。また、発行会社によって、カードとアプリのどちらか一方のみの扱いとなることも多いです。紛失のリスクを避けたいならカードタイプ、利便性を考えるならアプリタイプがいいでしょう。

電子マネーには事前にチャージしておくものや後払い、オートチャージなど支払い方法がいくつかあり、電子マネーを比較する場合はこの点も考えて置くと良いです。