どこで使える?電子マネーの使い方

使える場所が増えている


現在では、電子マネーは様々な場面で利用することができます。
電車の運賃支払いやコンビニなどが代表的でしたが、最近は一般の店舗でも電子マネーが利用できる場合が多くあります。例えばドラッグストアやスーパー、書店などの小売店、レストランやファストフード店などの飲食店でも多く利用できます。また、自動販売機も電子マネーが使えるところが増えています。
ただし、電子マネーに対応していると言っても、すべての種類の電子マネーが使えるとは限りません。むしろ、提携している数種類のみということの方が多いでしょう。これから電子マネーを選ぶという場合には、普段よく行くお店で共通して使える電子マネーが何か調べておくと便利です。

電子マネーの活用の仕方


現金やクレジットカードでの支払いに慣れていると、電子マネーの使いどころは分かりにくいかもしれません。
電子マネーの最大の利点は、支払いの簡単さにあります。小銭やお札を探す必要がないというのは、クレジットカードとも共通しています。ただ、クレジットカードは大抵の場合、端末に差し込む必要があります。それに対して電子マネーは、ケースに入ったままで利用することも可能です。暗証番号やサインも要りません。急いでいるときや混み合っている場所での支払いに最適です。
また、基本的にはチャージした分しか使えないため、使い過ぎたり、紛失したりするリスクも低減できます。使える場所が多い電子マネーを持っていれば、ちょっとした買い物なら財布を持ち歩かないということも可能になります。